2010年03月03日

【芸能】“幸せ論争” 香山リカと勝間和代が直接対決 観客からは「ぶっちゃけ、お互い勝ち組で同類では?」

◆TvN8RkVODg @ターンオーヴァーφ ★:2010/03/02(火) 23:42:51 ID:???0
互いの著書などで「幸せ論争」を戦わせている、精神科医の香山リカ氏(49)と経済評論家の勝間和代氏(41)が2日、
都内で対談本「勝間さん、努力で幸せになれますか」の刊行記念討論会を行った。
同書の「延長戦」として行われた討論会では「努力というか、時間の工夫次第でいろいろできる」と主張する勝間氏と、
「私は頑張るとか、努力が嫌い」と言い切る香山氏が1時間半語り合った。

「リアルガチンコ対談」と銘打たれた通り、勝間氏は香山氏対策のため? メガネ姿で登場。
「努力して失敗したときに、どうしてできないと自己嫌悪に陥る人が心配」と言う香山氏に対し、
「確立の問題。打率3割でいいのでは? 私は(失敗が)結構楽しい」と真っ向から言い返した。
ただ「努力したくてもできない状況の人や、努力しても変な結果しか出ない人に、
努力が足りないとは言いたくない」と言う香山氏に、
勝間氏も「つらい努力はしない方がいいと定義したい」と同調するなど歩み寄りも見せた。

そんな2人に対し、観客からは「ぶっちゃけ、お互い勝ち組で同類なんじゃないか? 」という、厳しい質問も飛んだ。
勝間氏は「勝ち組の定義によると思う。私は人と比べるのは好きじゃない。
まさしく、いろいろな人がいてちょうどいい」と答えた。
一方香山氏は「私は大きく言えば勝間さんと同世代だけど、こんなに私と違うのかと驚いた。
私は運が良くて勝ち組にいるように見えるかもしれないけど、明日にも転落…という感覚はある。
勝間さんのような人と話すと緊張する」と話した。

対談後の囲み取材で、香山氏は「本に関して事務連絡はする」と、勝間氏とプライベートで交流がないことを強調した。
一方勝間氏も「1度、お誘いしたら都合が合わないと言われて」と明かした。
香山氏は「神戸の大学の授業があって…でも、これ幸いと。私にとってアウェーだから」と言い、苦笑いしていた。
http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20100302-601907.html
http://www.nikkansports.com/entertainment/news/photonews_nsInc_f-et-tp0-20100302-601907.html


続きを読む
posted by cyo at 14:50| Comment(0) | 芸スポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月26日

【野球】日本ハム・中田翔、清原和博氏が現役時代に師事していたケビン山崎氏のジムで体幹強化の隠密トレを行う

1 :かばほ〜るφ ★:2010/01/26(火) 11:20:14 ID:???0
中田翔「清原基地」で体幹強化隠密トレ

日本ハム中田翔内野手(21)が、崇拝するアーチストの前線基地で極秘トレを
行っていることが25日、分かった。20日でロッテ西岡、中日平田との合同
自主トレを打ち上げ。その後は単独で、あこがれの清原和博氏が現役時代に
師事していたトレーナーのケビン山崎氏が運営する都内のジム「トータル
ワークアウト」で、体づくりを敢行していることが判明した。

一部では「失踪(しっそう)説」まで流れた、スラッガーの足取りが判明した。
合同自主トレを終了した翌21日から、2軍の勇翔寮に車はあったが、グラウンド
に姿はなし。「サボっているのでは」などといわれもない、憶測が飛んでいたが
中田は本気だった。単独の隠密行動で、マイカーを運転して向かっていた先は都内。
ケビン山崎氏の下で、キャンプインに備えた体の総仕上げに挑んでいた。

周囲の関係者によれば肉体改造が目的ではなく、体幹を強化するメニューが中心。
西岡との自主トレからオフを挟むことなく、この日も含めて皆勤しているという。
西岡とも追い込んだ練習をしており、すでに体の土台はできており「体重は測っては
いないけれど、体は絞れている」と明かしていた。充実のオフの集大成として、
清原氏らアスリートが多く拠点を置いた、虎の穴へ潜入している。

レギュラーを奪取するかどうか注目の今季。これまでは奔放な言動でオフの主役を
張っていたが、今年は返上した。不気味な静けさが、いよいよベールを脱ぐ時が
到来する予感を漂わせている。【高山通史】

ニュースソース nikkansports.com
http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20100126-589392.html

続きを読む
posted by cyo at 17:38| Comment(0) | 芸スポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【芸能】後藤真希の母死去に加護亜依「とても驚いています」

1 :裸一貫で墜落φ ★:2010/01/24(日) 15:29:35 ID:???0
 歌手・後藤真希の母・時子さんの訃報を受け、モーニング娘。
で同じメンバーだった女優・加護亜依が24日、同日に完成披露試写会が行われた
主演映画『肉食系女子。』(2月13日公開)の配給会社を通じてコメントを寄せた。
以下は全文。

 今朝聞いてとても驚いています。
 ゴッチンはお母さんととても仲良しだと聞いております。
 本人も悲しんでいると思います。
 これからも応援しています!大好きです。

ソース:ORICO STYLE(01/24 15:00)
http://www.oricon.co.jp/news/entertainment/72726/full/
http://contents.oricon.co.jp/upimg/news/20100124/72726_201001240837293001264313535c.jpg

<関連スレッド>
【芸能】加護亜依、「キラキラしてるね」と言われ喜ぶ
http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1264258105/
【訃報】元「モーニング娘。」後藤真希さんの母親・時子さん、東京・江戸川区の自宅から転落し死亡…自殺の可能性も★2
http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1264305270/

※依頼ありました
http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1264001247/196-197


続きを読む
posted by cyo at 17:28| Comment(0) | 芸スポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【フィギュアスケート】浅田真央に敵地の洗礼?仁川空港で約30人の韓国メディアにもみくちゃにされる…四大陸選手権

1 :かばほ〜るφ ★:2010/01/26(火) 11:00:23 ID:???0
真央ビックリ!“敵地の洗礼”も五輪へ弾みつける!!

真央パニックだ。バンクーバー五輪で金メダルを目指すフィギュアスケート女子の
浅田真央(19=中京大)が25日、四大陸選手権(27日開幕)出場のため韓国・
全州入り。今大会に出場しない韓国のヒロイン、キム・ヨナ(19)のライバル
として注目度が高く、到着した仁川空港で約30人の韓国メディアにもみくちゃに
されて困惑の表情を浮かべた。

浅田が到着ロビーに姿を見せると、空港は異様な雰囲気に包まれた。テレビカメラ5台
を筆頭に約30人の韓国メディアが突然出現し、浅田に殺到。関係者の制止を振り切って
無数のフラッシュを浴びせた。「調子はいつも通り。練習してきたことを出し切るだけ」。
驚きの表情を浮かべながらも、浅田は力強く宣言した。

韓国のヒロイン、キム・ヨナは五輪への調整を優先するため今大会は出場しないが、実戦
感覚を重視して出場するライバル浅田については韓国でも注目度は高い。浅田サイドは
空港での混乱を恐れ、スケジュールを極力明かさないなど万全の対策を施したが、到着
してみればやはりパニック状態に陥ってしまった。
到着で面食らった浅田だが、実は韓国での大会は過去2戦2勝と相性がいい。08年2月の
四大陸選手権(高陽)は合計193・25点で圧勝し、同年12月のGPファイナル(同)
ではキム・ヨナを撃破して3季ぶりにタイトルを奪回した。「相性はいいですね。五輪に
向けていい流れをつくれるように頑張りたい」と気合を入れた。

開催地の全州はグルメの街として名高く、韓国料理好きの浅田は「食べ物がおいしいって
聞いているので楽しみ」とニッコリ。タラソワ・コーチは体調不良のため今大会も帯同
しない可能性があるが、「回転不足をなくすこと。(トリプル)アクセルも3回したい」
と力を込めた。五輪への期間が短いことから、今大会にエントリーした中でライバルに
なりそうなのは同じ日本の鈴木明子くらい。夢舞台に弾みをつけるため、真央が“敵地”
で高く舞い上がる。

スポニチ Sponichi Annex http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2010/01/26/12.html

mao_l.jpg

続きを読む
ラベル:浅田真央
posted by cyo at 17:14| Comment(0) | 芸スポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月24日

【芸能】西山茉希、「六年間本当にありがとうございました」・・・「CanCam」専属モデルからの卒業を報告

1 :禿の月φ ★:2009/12/23(水) 07:30:53 ID:???P
現在発売中のファッション誌「CanCam 2010年2月号」付録の別冊「永久保存版西山茉希スペシャルBOOK」で、
同誌専属モデルからの卒業を発表した西山茉希が、公式ブログでも卒業をファンに報告。

それとともに、「18歳から飛び込んだ新しい世界」であり、
これまで活動の中心だった「CanCam」への想いをつづっている。

12月21日に更新されたエントリー「ついに発売日。」では、
「今回のCanCam別冊にて報告させてもらった通り私西山茉希は、六年間お世話になったCanCamを卒業します!!」と、
改めて卒業を報告。
ただ、誌面で卒業を正式発表したものの、
「正直“当たり前”の一部になるほどCanCamのチームの一人でいさせてもらっていた」ため、
まだ実感が湧かないのがホンネのようだ。
また、卒業を知って「悲しんでくれる方がいること、止めてくれる方がいること」を「とても幸せに思います」とも。

そして、「CanCamに迎え入れて下さった皆さん、六年間本当にありがとうございました!!」と謝意を述べ、
「ある意味学校の様なCanCam。私は六年生として卒業し、また新たなスタートを切りたいと思います!」と、
これから始まる新たな活動への決意をつづっている。

今後の活動については触れていないが、ここ1〜2年はバラエティ番組、K-1関連番組、CMなど、
テレビへの露出が増えていることから、タレントとしての活動も増えていきそうだ。
なお、「CanCam」への登場は来月発売の3月号が最後となり、同号にはファンに向けたラストメッセージが掲載される。

ソース:Narinari.com
http://narinari.com/Nd/20091212817.html
画像:2009-12-23-014958.jpg
西山茉希オフィシャルブログ
http://sblog.gw.tv/nishiyama-maki/

続きを読む
ラベル:CanCam モデル
posted by cyo at 18:27| Comment(0) | 芸スポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【芸能】芸人の出川哲朗氏がタイのパッタヤーで負傷、TVチャンピオン撮影中に

1 :依頼@堂山無敵φ ★:2009/12/23(水) 14:20:59 ID:???0
プーヂャッカーン紙によると、21日チョンブリー県パッタヤー地区内で行われていた
日本の番組撮影中に、日本のお笑い芸人の出川哲朗氏(45)が足首を骨折し病院に搬送された。

日本で放映されているテレビ番組テレビチャンピオンの中で、人間が入ったカプセルを
風圧で海に向け飛ばす競技が行われていた際に、出川氏が入っていたカプセルが
水面に強く叩き付けられた衝撃で負傷を負ったものと見られている。

同番組は、過去2回に渡ってパッタヤー地区内で番組の撮影を行っていたという。

また、事件の模様を撮影しようとしたマスコミ関係者と、それを阻止しようとする番組クルーとの間で
衝突が発生する場面も見られたという。

(タイの地元新聞を読む)
http://thaina.seesaa.net/


ソース:IBTimes(2009年12月23日)
http://jp.ibtimes.com/entame/article/biznews/20091221/46846.html

依頼
http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1261383137/159
続きを読む
posted by cyo at 18:13| Comment(0) | 芸スポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【芸能】カリスマ経済評論家・勝間和代(41)が女優デビュー!本番一発OK

1 :スタートリックφ ★:2009/12/24(木) 17:27:40 ID:???0
カリスマ経済評論家・勝間和代氏(41)が女優デビューすることが23日、明らかになった。
テレビ朝日系ドラマ「エンゼルバンク〜転職代理人〜」(来年1月14日スタート、木曜、後9・00)の第1話に本人役で出演する。
出産後初ドラマとなる女優・長谷川京子(31)やウエンツ瑛士(24)を相手に堂々の演技を見せた。

鋭い分析で知られる勝間氏が演技の世界でも切れ味を見せた。

 勝間氏は第1話で長谷川演じる井野真々子とウエンツ演じる田口遼太が出会うシーンに登場。
出番は1シーンで、セリフも「どうもありがとうございました。それでは海老沢さんにもよろしくお伝えください」のみだが、
さっそうと去ってゆく勝間氏の姿を、ハセキョーが「かっこいい」とあこがれのまなざしで見つめるという設定。

 本番は一発OKだったが、女優デビューとあってさすがの勝間氏もドキドキだったよう。
収録後は「俳優さんたちはどうしてカメラの前で自然に過ごせるわけ〜」とホッ。
だが、今後の女優活動について
「機会があれば。でもあんまり私が登場するとお茶の間のみなさんの迷惑になりますので、適度な範囲で…」と謙虚ながら前向き。

 ドラマは転職代理人が出会いの中で成長してゆく物語。勝間氏は「週刊モーニング」で連載中の
原作とコラボしたWebコラムを連載しており、ドラマに説得力を持たせる人物でもあることからゲストとして白羽の矢が立った。

http://www.daily.co.jp/gossip/article/2009/12/24/0002600716.shtml


続きを読む
posted by cyo at 18:08| Comment(0) | 芸スポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。